So-net無料ブログ作成

『オペラ座の怪人 (2004)』 (The Phantom Of The Opera) [movie 2004~]

img20080225.jpg

Academy Award 2004
美術監督装置賞(ノミネート)、撮影賞(ノミネート)
主題歌賞(ノミネート)

CAST
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン
ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライヴァー、シアラン・ハインズ
STAFF
監督・脚本:ジョエル・シューマカー、原作:ガストン・ルルー
製作・脚本・音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
製作総指揮:ポール・ヒッチコック、オースティン・ショウほか
撮影:ジョン・マシソン、美術:アンソニー・プラット
衣装:アレクサンドラ・バーン、編集:テリー・ローリングス

<解説>
不朽の名作ミュージカルを絢爛豪華に映画化したラブ・ストーリー。舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作で、男女3人の哀しき愛の物語を壮大なスケールで描く。監督は「依頼人」「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。
1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る。当時、華やかな舞台でにぎわうオペラ座は、一方で、仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”の仕業とみられる奇怪な事件の頻発に揺れていた。そのファントムを、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた若きコーラスガール、クリスティーヌ。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。幼馴染みの青年貴族ラウルも祝福に訪れ、2人は再会を喜び合う。だがその直後、ファントムが現われ、クリスティーヌをオペラ座の地下深くへと誘い出すのだった…。(Media Factory / 143min)

DVD & VIDEO Guide 2007 (★★☆) 2004/143m.

2008 Movie Guide (★★☆) 2004/142m.

オペラ座の怪人 [Blu-ray]

オペラ座の怪人 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: Blu-ray


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。