So-net無料ブログ作成
検索選択

『ウェールズの山 (1995)』 (The Englishman Who Went Up A Hill But Came Down A Mountain) [movie 1994~]

movie001318.jpg

CAST
ヒュー・グラント、タラ・フィッツジェラルド、コルム・ミーニイ
イアン・マクニース、イアン・ハート、ケネス・グリフィス
STAFF
監督・脚本:クリストファー・マンガー、製作:サラ・カーティス
製作総指揮:サリー・ヒビン、撮影:ヴァーノン・レイトン
音楽:スティーヴン・エンデルマン

DVD裏面解説
1917年のある日、ウェールズの小さな村を二人のイングランド人が測量に訪れる。そして測量の結果、この村の山は“山”として地図に載せるには6メートル低いことが判明したことから大騒動となる。大切な山を“丘”だと言われた村人たちは、自分たちの手で6メートル分の土を積み上げ、“山”にしようとする。それを見た測量士のひとりアンソン(ヒュー・グラント)は、村人が一丸となった絆に感動し、測量のやり直しに応じる。
クリストファー・マンガー監督の故郷ウェールズ南部に伝わる話をもとに、心暖まるストーリーをコミカルに描く。「フォー・ウェディング」で人気絶頂のヒュー・グラント主演で贈る、粋な傑作コメディ。(Miramax / 96min)

DVD & VIDEO Guide 2007 (★★★★) 99m.

2007 Movie Guide (★★☆) 99m.

ウェールズの山

ウェールズの山

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。