So-net無料ブログ作成
検索選択

『ペイルライダー (1985)』 (Pale Rider) [movie 1984~]

CAST
クリントイーストウッドマイケル・モリアーティ
キャリー・スノッドグレス、リチャード・キール、シドニー・ペニー
STAFF
監督・製作:クリント・イーストウッド
製作総指揮:フリッツ・メインズ、撮影:ブルース・サーティース
脚本:マイケル・バトラー、デニス・シュリアック
編集:ジョエルコックス音楽:レニー・ニーハウス

<解説>
ゴールド・ラッシュでにぎわうカリフォルニアの無法の町を舞台に、町の権力者を一掃する流れ者の姿を描く西部劇。製作・監督は主演も兼ねるクリント・イーストウッド、製作総指揮はフリッツ・メインズ、脚本はマイケル・バトラーとデニス・シュリアック、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はレニー・ニーハウス、編集はジョエル・コックスが担当。出演はクリント・イーストウッド、マイケル・モリアーティ、キャリー・スノッドグレスなど。

DVD裏面解説
1850年。静かな平和が築かれていた町は、非常で野心旺盛な企業家ラフッドによって破滅され始めていた。そこへ訪れた牧師の服を身につけた男。彼は、街を牛耳る悪徳保安官一味、さらには独裁を企むラフッドと対立。いつしか町民たちの危機を救うべく、ガウンの下に隠していたガンマンの血をたぎらせ、たった一人対決を挑むのだった。C.イーストウッドが単身で乗り込んでいくクライマックスはウエスタン史に残る名場面。(WB / 116min)

DVD & VIDEO Guide 2007 (★★★☆) 113m.

2007 Movie Guide (★★) 113m.

ペイルライダー

ペイルライダー

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/10/06
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

NO NAME

本日、「ジェシージェームスの暗殺」と云う新しい映画を観た。年末にWOWOWで放映していた「アウトロー」の原題アウトロージョージーウェールズに似ているなと思いながら。観ながら「地獄への道」(Tyrone PowerがジェシーをHenry Fondaが兄フランクを演じていた戦前の映画)と云う映画を子供の頃テレビで見ていたのを思い出した。ビリーザキッドは覚えていてもジェームス兄弟の事は完全に忘れていた。「アウトロー」はアメリカ建国200年記念と云う事だが、若しそうだとしたらJohn Wayne主演であるべきだと思ったがこの頃多分John Wayneは病気だったんだろう。「西部開拓史」等が該当しそうに思う。「アウトロー」に小さい役で顔を出すDoug McGrathとJohn Russellが重要な役として登場するのが「ペイルライダー」。Dougは「シェーン」でElisha Cookが演じていた町で掘り出した金塊を自慢した為に殺される人。ジョンラッセルは殺す方の親分格の人。「シェーン」にはJohn Russell
に該当する役はなかったと思うが、この比較で云うと、Van HeflinがBill McKinney、Jean ArthurがCarrie Snodgress、面白いのはBrandon De Wildeが女の子になっていること。Walter Jack PalanceがRichard Kielなどというのは嬉しい。冒頭、金塊を掘っている人たちが悪い奴等に蹂躙される。女の子は大事にしていた犬を殺され墓に埋めながら祈る祈る・・・するとオーバーラップしながら馬に乗ったガンマンが画面に現れる。少女の祈りが通じると分るのは少し後。これが最後まで効いて御都合主義的な勧善懲悪場面で登場してきても何となく納得させられる。さらに面白いのはClint Eastwoodが昔居たガンマンとして語られる事(でも奴は死んだ=ゴースト)。これ「荒野のストレンジャー」と似ている。悪いところ殆ど見当たらないClint Eastwoodの西部劇の快作であると思うが、一点だけ少女とお母さんの愛憎風になるところ。危うく「子と母を犯せる罪」となりそうだったけれど流石にそれは回避。この後、「マディソン群の橋」を経て「トゥルークライム」の深夜のバーで婦人を口説く迄この癖だけは最後まで直らなかった。でも「父親たちの星条旗」は立派な映画だなーと1/13にwowowで見て感心させられた。やっぱりClint Eastwoodは偉大だ。(08/1/17)
by NO NAME (2008-01-17 17:44) 

NO NAME

前略 昨日のメールは三箇所間違っておりました。先ず、Richard Kielの役に対応するのは、Ben Johnsonでした。∴(黒づくめの)殺し屋を演じていたJack Palanceがジョンラッセルに対応する事になります。それから殺し屋に殺されるのはElisha Cook,Jr.でした。悪役が途中から善玉にかわると云う人物設定は勧善懲悪の西部劇の世界では異例の事で有ったと思います。失礼しました。
by NO NAME (2008-01-18 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。